イングリッシュパーラー





『不思議の国のアリス』tailとtale

言葉遊びが随所にちりばめられてる、『不思議の国のアリス』
ルイス・キャロルの他の小説も同様ですが、『アリス』が一番有名ですね。


『アリス』の第3章のタイトルは、“A Caucus-Race and a Long Tale (コーカスレースと長い話)”。

アリスとさまざまな動物たちが、アリスの流した涙のプールでずぶぬれになります。その濡れた体を乾かそう( dry )とするくだり。

集団のまとめ役的存在のネズミが、dry (無味乾燥)な話をするところから始まります。
「面白みがない」という意味で dry という語を当てているのは、「乾かす」ことに引っ掛けているためです。


ネズミといえば、長いしっぽ( long tail )が特徴的。

tale (物語)と tail (しっぽ)は、同じ発音の同音異義語です。

キャロルは、なんとその洒落がイメージできるよう、独特の文字配列で書いています。
ネズミの語った long tale (長い話)は、次の通り。


文字が小さすぎて、最後まで読めないほどですが、ここは内容そのものより視覚的な面白さを狙ったのでしょう。


  • HOME
  • 英語の洒落
  • tailとtale

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO