イングリッシュパーラー



聞き流すだけで英語をマスター

洋画も外国人のインタビューも、何を言ってるのかさっぱり。
文の切れ目がどこか、分からない。

分からなくて難しいから、英語は避けて通る。だから、ますます分からない・・・。

そんな悪循環は、断ち切れます。


『聞き流すだけで英語をマスター』は、他の聞き流し教材と違い、英語より先に日本語が流れます。

英語が先で日本語が後に来る教材がほとんどの中、和英順はどうかな、と思いましたが、聞いてみると、むしろこちらの方がしっくりくる感じです。

初めに日本語が流れるので、その後の英語の意味があらかじめ分かるというのが利点。

いきなり英語が来ると、拒否反応や苦手意識のせいで、余計聞き取れなくなってしまうかもしれません。

日本語を先に聞けば、次に英語が来ても、焦らなくて済みます。
英語を聞くと頭が真っ白になってしまう、というのなら、和英順がおすすめです。

こちらのサンプル音声を聞いてみてください。



左耳から日本語、右耳から英語が入ってきます。
音が右から聞こえたり左から聞こえたり、耳が不思議な感覚です。

左耳(右脳)から日本語、その後、右耳(左脳)から英語を聞くのは、大脳生理学上、理想的な語学学習法なのだとか。


英語の聞き方ポイント
  • 英文を短く区切り、聞き流す
  • 英語の前に日本語で聞いて、意味を理解する

初めは分からなくても、何回か聞けば、もう日本語は必要なくなるはずです。
そうしたら、右耳の音声をミュートにするかイヤホンを外し、左耳の英語音声だけで聞くようにします。

さらに慣れてきたら、日本語が読まれている間に、英語を繰り返してみてください。

文節ごとに区切られているので、発音はもちろん、アクセントやリズムなどをマネしながら、スピーキング練習に使うと良いですよ。

>> 聞き流すだけで英語をマスター「ピーターラビット」



SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO