イングリッシュパーラー



英字新聞の読み方

英字新聞を、毎回全部読むのは大変です。全てをきっちり読もうとする必要はありません。
特に、初めて英字新聞に取り組むときは、


記事のヘッドライン(見出し)だけを読んで、本文は読まない

興味を持った記事だけ、本文を読めばOKです。興味がわかなければ、読まなくて構いません。


辞書は使わない

分からない単語があっても、基本は読みとばします。
何度も出てくる語があれば、辞書を使って調べます。もっとも、たびたび現れる語は、前後関係から意味が推測しやすくなるので、なんとなく意味がつかめれば、あえて辞書を引く必要はありません。


好きなコーナーをひとつ見つける

パズル・カートゥーン・コラムでもいいので、興味のあるコーナーをひとつ探しましょう。
時間がない時や、どうしても読む気にならない時もあります。そんなときは、無理に読もうとせず、そのコーナーだけを見るようにします。



初めからしっかり読むよりも、英字新聞を読む習慣を作ることのほうが大切です。
英文を読むのに慣れてきたら、分からなかった単語をピックアップして単語帳を作ったり。

紙面なら、面白い記事を切り抜いてスクラップしてみたり。
実際に手を動かして、書いたり作ったりすると、意外と覚えるものです。

デジタル版でも、Evernote などに、好きな箇所を保存できます。

英字新聞は、「読む」のではなく「使う」という気持ちで、自分なりに工夫してみると面白いですよ。


また、英字新聞はTOEICのリーディングセクション対策にも使えます。

TOEICのスコアは、リーディングセクション495点、リスニングセクション495点、トータル990点満点の割り振りです。
問題数は100問づつで、リスニングの時間が45分なのに対し、リーディングは75分
75分は長いように思えますが、速読速解しないと、時間が足りなくなってしまいます。

速読・多読練習に、英字新聞は都合がいいです。

重要なのは、一字一句丁寧に読解するのではなく、ザッと流し読みして内容を掴む訓練。
何が書いてあるのか、内容を推測できれば大丈夫です。

速読練習のポイントは、あまり難しくない記事をたくさん読むこと。

『Time』でもいいし、難しいと感じれば、『The Japan Times ST』などの新聞でも充分です。ただし、速読するときは、日本語の注釈や訳を見ないようにしましょう。

分からなくても、そのまま読み進めるクセをつけてみてください。


英字新聞を比較する
英字新聞の読み方
月刊の英語雑誌
NHKラジオテキスト

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO