エンジェリックパーラー




アロマテラピー

ハーブやお香は、紀元前からエジプトなどで用いられていましたが、それが【療法】として確立したのは、20世紀になってからのことです。

フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが火傷を負った際、ラベンダーのエッセンシャルオイル(精油)を使ったところ火傷が驚くほど早く治った、というのがアロマテラピーの始まりです。

アロマテラピー( aromatherapy )は、ハーブなどの植物から取ったエッセンシャルオイルの香りによって、心と体を癒す自然療法。
セラピーは英語読みで、テラピーはフランス語読みになります。


アロマセラピーに使うエッセンシャルオイルは、植物から抽出した香り成分が凝縮したもので、100%天然の揮発性の液体です。

それぞれの精油がもつ成分によって、効用はさまざま。

心や精神の癒し作用のほか、身体の不調を改善する薬理作用が知られています。

西欧では実際に、医療の現場で利用されることも多いとか。


アロマテラピーの楽しみ方

アロマテラピーは、空間に香りを漂わせる 【芳香浴】 が基本です。
ポプリやハンカチなどに数滴落とし、部屋に置いたりするだけでもOK。

エッセンシャルオイルは熱で温めると香りがさらに広がるため、アロマポット(アロマバーナー)やアロマライトといった オイルウォーマー がよく用いられます。

また、加湿器も兼ねた、ミストが出る アロマディフューザー も、最近では人気です。

例外もありますが、エッセンシャルオイルの原液は直接肌に付けないようにしてください。
肌につける場合は、薄めて使うことが原則です。


アロマバス
  1. エッセンシャルオイルを、お風呂の中に3〜5滴(刺激が強いものは、2〜3滴)垂らす
  2. お湯をよくかき混ぜて、入浴する

リラックスしたいときは、ぬるめのお湯に長く。スッキリしたいときは、熱めのお湯に短時間浸かってください。

アロマバスは、手足だけ浸かってもよいですし、半身浴も効果があります。

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO