イングリッシュパーラー




中国での日本語教師

以前、1ヶ月間だけ中国の紹興(しょうこう)に滞在し、ボランティアで日本語教師をしたことがあります。
紹興は、紹興酒で有名ですね。

中国へは父を訪ねて行ったのですが、中国滞在中、ひょんなことから、語学学校で日本語を教えることになりました。

英語は通じないし、中国語は分からないので、ひとりで出歩くこともできないという悲惨な状況で、我ながらよくやったものです(笑)。

勤務は、週5日。
子供英会話講師の経験はあるとはいえ、日本語を教えるなんてしたことありません。もちろん、資格もなし。

日本語を学んでる中国人は、結構大勢います。
その学校は、15歳くらいから20代の中国人学生が在籍する外国語の専門学校でした。

生徒さんたちいわく、中国には日本企業がたくさんあるので、日本語ができると就職に有利になるとのこと。
しっかりしてます、みんな。

授業は何をやってもいいから、と言われて、ビギナークラスからアドバンスクラスまで、教えさせていただきました。

いくらこちらはお金をもらっていなくとも、生徒は高い授業料払って日本語勉強してるわけです。
日本人というだけで、無資格者の素人に授業を任せていいのか、学校側!?

今考えても、あまりにもスチャラカな学校側の体制でした(苦笑)。

日本で日本語教師の資格を取るのは、すごく大変という話です。
合格率はかなり低く、たとえ資格を取っても、仕事があるかどうかも分からない状況。

日本語教師を目指している方、中国へ行ってみては?
現地でも、日本語教師をよく募集していました。

ただ、大きな問題は・・・。

中国「元」で給料をもらっても、日本「円」に換算すると、生活していけないことでしょうか。


  • HOME
  • 海外旅行雑感
  • 中国での日本語教師

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO