エンジェリックパーラー




フラワーレメディ

フラワーレメディは、花が持つエネルギーを利用して、精神を癒し、身体の状態を癒すことを目的とした自然療法です。

イギリスのバッチ博士によって確立され、バッチ・フラワーレメディとも呼ばれます。

日本ではあまり認識されていませんが、フラワーレメディは、イギリスでは広く用いられており、その効能も実証されています。

アロマテラピー同様、フラワーレメディは薬ではありません

アロマテラピーと少し違う点は、フラワーレメディはまったく無害、ということ。
摂取しすぎても、害になることはありません。

妊娠中は使ってはいけない、という制限もなく、お年寄りから赤ん坊まで、動物や植物にも使える、とても安全な療法です。


バッチフラワーレメディの成分は、植物を太陽の光に当てたり、煮沸することによって作られたフラワーエッセンスと、ワインビネガー、水、アルコール。

もともとは人間用ですが、最近ではペットのケアにもよく用いられています。

特にペットに与える場合は、ノンアルコールのものが良いようです。

犬や猫などは、直接スポイトで数滴口の中に垂らしてやるか、ペットフードに混ぜたり、スプレーで吹きかけてあげてください。

バッチフラワーレメディは38種あります。
7種類までブレンドすることができ、どれとどれを組み合わせてもOK。

自分だけのオリジナルブレンドを作ってもいいですね。


直接飲む
  1. フラワーレメディを2滴(レスキューレメディなら4滴)、舌の下に垂らし、数秒待ってから飲む。
  2. これを1日4回以上、繰り返す。

トリートメントボトルから飲む
  1. 遮光ビンに、30mlのミネラルウォーターと、レメディ1種類ごとに2滴(レスキューレメディなら4滴)を入れる。
  2. このトリートメントボトルから1回に2〜4滴を、1日4回飲む。

フラワーレメディは、飲み物に混ぜても、直接飲んでも構いません。


Dr.バッチのフラワー療法―バッチフラワー自然療法の効能と秘密 (ナチュラルヘルスシリーズ)
Dr.バッチのフラワー療法―バッチフラワー自然療法の効能と秘密

ジェレミー・ハーウッド(著)
初心者にも分かりやすく読みやすい解説本。さまざまなマイナス感情を和らげる実践法が詳しく紹介されています。


ペットを癒す花療法―バッチ博士のフラワーレメディ
ペットを癒す花療法―バッチ博士のフラワーレメディ

ステファン・ボール(著)
動物の心や行動について、どのようにレメディで癒せばよいか適切なアドバイスあり。

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO