イングリッシュパーラー




パキスタン

観光ではなく、とある用事でパキスタンに言った時、ちょうどラマダーン( Ramadan )に当たってしまいました。

ラマダーンは、イスラム教徒が、日の出から日没までの間、断食する期間のことで、約1ヶ月に渡ります。
ラマダーンの時期は一定でなく、イスラム暦で決められ、毎年10日ぐらいづつ早まっていきます。

断食することで、体の中が浄化されるのだとか。


パキスタンでは1週間ほど友人宅に滞在しましたが、やはりラマダーン中は、大人は誰も食事をしません。

子供たちは食べていたので、私は子供たちと一緒に食事を出してもらっていました。

そのお宅は、イスラマバードから車で数時間。
そこまで行くと、日本人はまず見かけません。

外を歩けば、動物園のパンダよろしく、物珍しげにジロジロ見られます。

フードまではしなくてもいいですが、外国人といえど、女性はスカート厳禁
ズボンでないと、マズイです。

食事は、カレー三昧

ジャガイモのカレー、豆のカレー、鶏肉のカレーなど、種類は違うものの、毎日カレー・・・。
泊めてもらっておいて、贅沢は言えないけれど、かなりキツかったです。

イスラマバードのホテルに滞在したときは、結構いろいろな食べ物がありました。
が、どれも何かしらハーブの香りが強い。

ヨーグルトにも、ミントらしきものが混ざっていたのは、私的には激しくミスマッチでした。
ラッシーは、好きな人はハマる味みたいですね。


ミルクラッシー


ラマダーンの期間中は、レストランなども多くが閉まっています。
そして日没になると、大きなお皿に食べ物が盛られ、家族や友人皆で和気あいあいと食事です。

1ヶ月の断食生活・・・私には無理だと実感しました(苦笑)。


  • HOME
  • 海外旅行雑感
  • パキスタン

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO