イングリッシュパーラー



フィリピン人講師ってどう?

英語はイギリス英語じゃなきゃ、ダメ。
ネイティヴから教わるのじゃなきゃ意味はない。

・・・と、思っていませんか?


英語は多くの国で公用語として使われ、多様化しています。

TOEICテストにおいても、米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドと、それぞれの英語の発音を採り入れる方向にリニューアルされました。

今やもう、イギリス英語・アメリカ英語にこだわる必要はありません。

フィリピンでは、国語はフィリピン語ですが、公用語はフィリピン語と英語です。
講師の方々の英語は、ネイティヴとほとんど変わりません。


  • フィリピンは、世界で三番目に英語を話す人口が多い
  • 米企業のコールセンターは、フィリピンに集中

アメリカ人が、コールセンタースタッフの英語を自国民と間違うほど、フィリピン人の英語はナチュラルだそうです。

私自身、子供英会話講師をしていた頃、いろいろな外国人の先生方と一緒にレッスンをしましたが、フィリピン人の先生にはとても好感を持っています。

英語の発音はもとより、真面目な方が多く、責任感をもってレッスンに取り組まれていました。フィリピンの先生は親切で面倒見がいい、と生徒のお母さんたちの評判も良かったです。


「合う・合わない」を見極める

レッスンや講師を確認するには、無料体験レッスンを利用するのが一番。
まずは体験してから、レッスンプランがどんなものか、講師の教え方、リードの仕方は適切か、といったことを判断して決めるといいかと思います。

『ラングリッチ』 は、フィリピン人講師が在籍する、オンライン英会話です。

月額は、5000円でお釣りが来ます。
低価格がウリのレッスンというと、たいていフリーカンバセーションなのに、こちらはテキストも曜日ごとのカリキュラムもきちんと作られていて、驚きました。

『Lang-8』 という語学学習SNSとコラボしているので、ぜひチェックしてみてください。

» ラングリッチのskype英会話




SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO