イングリッシュパーラー



英語と米語

日本人が学校で習うのは、英語( British English ) というより、むしろ米語( American English )です。

英語と米語。イギリス英語とアメリカ英語。
この2つは、単語のスペルが少し違うだけにとどまらず、発音や使い方が違うこともあります。

例えば、「いいえ、違います」という返事は、


アメリカ英語 : No, it's not.
イギリス英語 : No, it isn't.


省略する部分が異なるだけなのですが、耳で聞くと、全然違うものに感じます。
アメリカ英語に慣れていると、違和感がものすごい。

私が勤めていた英会話学校で教えていたのは、「ノー、イッツ、ノット」の米語のほうでした。

レッスンのための補助教材を購入した時、それが ‘英’語版だったために、“No, it isn't.” と表記されていました。
目で文字を追ってるときは気付かなかったのに、「ノー、イッ、イズント」と口に出してみて、「あれ?」 と驚いたという・・・。

center のスペルが、英と米では、 “-re” と ”-er” のように、順番が入れ替わっていたり。

program の最後に、英は “-me” が余分にくっついていたり。


こういったスペルの違いはともかくとしても、表現の違いがイタイ。
日常生活において一番の問題は・・・、

「トイレ」です。

toilet という語は、アメリカ英語では使わない、とスリコミされていたせいで、ニュージーランドで、 toilet と普通に言っているのを聞いたときは戸惑いました。

ニュージーランドはブリティッシュイングリッシュなので、「トイレ」という言葉はまったくOKなんです。

ちなみに、カナダはアメリカ英語と同じだと思っていたら、トイレは wash room と言ってました。
カナダ英語も、またビミョーに違うようです。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO