イングリッシュパーラー



SOSの意味

SEOではありません、SOSです(笑)。

SOSは、言わずと知れた有名な遭難信号で、緊急時に一番打電しやすい、Morse(モールス)符号を組み合わせたものだそうです。

特に、SOSは何かの頭文字というわけではありません。

Save our souls (助けて)の略だというのは、俗説です。意味的には、そのものずばり合っていると思うんですが。


Mayday (メーデー)は、労働者の祭典。
・・・ではなく、こちらも遭難救助信号です。

洋画などでは、今では Mayday の方をよく聞くと思います。
戦闘機パイロットのドラマを観ていると、盛り上がりのシーンで、必ずと言っていいほど耳にする言葉かと。

Mayday は、フランス語で “help me” を意味する “m'aider” から来ています。
発音が、「メーデー」と聞こえたことから、英語では Mayday になったとか。

英語では、1語の単語。
May Day と2語にすると、「労働者祭」です。

通信技術の発展とともに、もうモールス信号を送ることがなくなったためか、SOS から Mayday へと変わっていきました。

Save Our Souls の souls という語、いいですね。
廃れてしまうのが、もったいない言葉のような気がします。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO