イングリッシュパーラー



I see は使う?

「なるほど」と、相手のことばに相槌を打つときは、“I see.”。

学校の授業で、そう教わった記憶があります。

でも I see は、ネイティヴはあまり使わないそうです。
カナダやニュージーランドに滞在したときも、現地の人にそう言われました。

なぜ使わないのか、その理由が分からず、ニュージーランダーの同僚に聞いてみたところ・・・。

この言葉は、日本語の「ふ〜ん」みたいに興味なさそうなニュアンスを持つ場合がある、とのことでした。
だから、ちょっと失礼なんじゃないの、と。

相手の言ったことが「理解できた、分かった」という意味で返すなら、“OK.” や “I've got it.”。

また、相手が何か話をふってきたら、ただ相槌を打つだけじゃなく、それに対して質問したり、自分の感想を入れたりするのが普通だから、I see で済ますのは変な感じがするんだとか。


考えてみると、「なるほど」は、日本語でも普段使わないかもしれません。
友達同士での会話なら構わなくとも、「なるほど」は、ちょっと上から目線な気もします。

I see があまり使われないのも、そういった感覚的な理由なのかもしれません。

それでもとりあえず、相槌の表現というのは、たいそう便利。

英語が分からなくても、“Well,” とか “Let me see.” (ええと) とか続けていれば、「英語が話せる人」と思ってもらえる、という話を、学生時代に英語の先生が言っていました(笑)。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO