イングリッシュパーラー



翻訳の世界

翻訳家を目指す人が多かった頃、翻訳家養成のメッカといえば、「バベル外語学院」でした。

今もバベルは、「Babel University」 と名称を変えて存続してます。
一般の人には、あまり目に付かなくなってしまっていますが。

翻訳の仕事には、海外書籍を翻訳する出版翻訳と、マニュアルや書類などの実務翻訳、映画を翻訳するメディア翻訳があります。

映画の翻訳で洋画を吹き替える場合、「台詞の口の動きにあった訳語でないとマズい」など、普通の翻訳と違う制約も出てきます。
それがまた面白く、魅力的な仕事です。


映像翻訳を学べる通信講座は、

映像翻訳Web講座 ベーシックコース

など。

翻訳の情報を探せるネットワークは、こちら。
翻訳作業は孤独を感じやすいので、こういったサイトは心強いです。

アメリア・ネットワーク


翻訳家という職業は、初めの下訳の段階ではほとんどお金にならないという厳しい現実です。
が、英語学習者が一度は憧れる仕事ではないでしょうか。

JTA公認翻訳専門職資格試験(以前は「翻訳技能認定試験」)は、インターネットで在宅受験できます。実施は年に数回。

詳細は、日本翻訳協会の公式サイトをどうぞ。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO