イングリッシュパーラー




永住権

アメリカ合衆国のグリーンカード(永住権ビザ)の取得の難しさは有名です。

ニュージーランドは、比較的永住権が取りやすい国とされますが、それでも、近年制度が改正され、以前よりもかなり厳しくなってしまいました。

2000年頃までは、ポイントが30以上あれば、一般での永住権申請が可能でした。
ポイントは、学歴や職務経験などで加算されます。大学を出ているだけで10ポイントもらえたので、ハードルは低かったのですが・・・。

残念ながら、現在は最低条件が100ポイントに引き上げられています。

ほかの条件として、「IELTS」(アイエルツ)という英語のテストを受けて合格点を出さないといけません。

定住者は、Permanent Resident
通称、「PR(ピーアール)」と呼ばれます。

ニュージーランドは、移住者や refugee (難民)の多い国で、PR申請者は続々増えています。
オークランドの移民局は何回か行きましたが、毎回混んでるのなんの。

自分だけで永住権を申請しようと思うと、半年は待たなければならないという状況でした。
そのため、ビザ取得をサポートしてくれる専門の業者も多々います。

どこの国でもそうですが、ビザを取るのに一番手っ取り早いのが、「婚姻」
永住権取得は、困難になる一方ですね。

ニュージーランド永住権制度一覧


  • HOME
  • ワーキングホリデー in NZ
  • 永住権

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO