イングリッシュパーラー




ボランティア

日曜に教会に行ったりするのは好きですが、基本的に私は無宗教です。

ニュージーランドにいたとき、サイエントロジーという新興宗教のオフィスで、1ヶ月ほど受付のボランティアをしたことがあります。
時間は、9時から14時、15時くらいまで。ボランティアなので、給料も交通費も一切ありません。

英会話の訓練のために、語学学校に通うよりは、とボランティアの仕事を選びました。

サイエントロジーは、トム・クルーズやジョン・トラボルタが熱心な信者として知られています。が、当時はそのことも宗教の内容も、まったく知りませんでした。

教義や何かを紹介するビデオを観るよう勧められたものの、オフィスには日本語が分かる人はいませんし、すべてが英語です。
ビデオも、何を言ってるのか、ちんぷんかんぷん。まさに、馬の耳に念仏(笑)。

オークランドのシティにあるビル内のオフィスは、閑散としていて、時々電話がかかってくるぐらいです。

「英語の分かる人に代わって」と言われることもしばしばで、何度へこんだことか(苦笑)。

この仕事中、私は人生初の置き引きに遭いました。


I've got my bag lifted off the desk.

「デスクにあったバッグを置き引きされた」


「置き引き」は、lift (持ち去る) や steal (盗む)で表せます。

めったに人の来ないようなフロアだったけど、セキュリティ等もなく、外部から誰でも入れる場所です。
ランチやバッグを受付席の奥に入れたまま、ほんの10分ほど離れた隙に、バックごと盗られました。

私の面倒を見てくれていたサイエントロジーの担当者の女性が、仕事中にもかかわらず、一緒に外までバックを探しに行ってくれたのですが。
オフィスビル内外のゴミ箱の中まで探し回っても、中身はおろかバッグも見つかりません。

そりゃもう、パニックになりましたよ。
財布、フラットの鍵、キャッシュカード、スケジュール帳、和英辞典など、もろもろ入ってましたから。

キャッシュカードについては、すぐ銀行に電話してカードを無効にし、フラットの大家さんに事情を話し・・・。
パスポートを持ち歩いてなかったことが、不幸中の幸いでした。

帰りのバス代もなかったので、その日はサイエントロジーの方にお金を借りて帰宅しました。

苦い経験ではあったものの、熱心にバッグを探していただいたことが、温かな思い出として残ってます。

それはそれとして、入信するかどうかはまた別の話で。
結果として、サイエントロジーの門を叩いたのは、それが最初で最後です。


  • HOME
  • ワーキングホリデー in NZ
  • ボランティア

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO