イングリッシュパーラー




語学留学

ワーキングホリデーの場合、2ヶ月までなら現地の語学学校に通えます。

それ以上の期間となると、「学生ビザ」を取るか、一度学校をやめてまた再入学するか、別の学校に通ったりするかの選択になるはずです・・・制度的には。

実際のところ、一度ワーホリビザを取ってしまえば、その後はあまりチェックが入らないので、学校を続けようと思えば続けられないこともないかと・・・。大きな声では言えませんが。

ワーキングホリデーでも、初めは語学学校に通う人がほとんどです。
学校に入学すれば、学校側がホームステイ先も世話してくれるので、当面の住む場所には困りません。


留学といっても、正規留学と違い、数週間や数ヶ月程度の短期でできます。

語学学校は、ESL( English as a second language )や EFL( English as a Foreign Language )用なので、生徒にネイティヴはいません。

学校の雰囲気も「勉強、勉強」といったお堅いものではなく、エンジョイムードいっぱいです。
毎月毎週、サイクリング、小旅行、クルージングなどのスクールイベントも用意されています。

まさに、英語を楽しく勉強するのに最適の環境。

ただ、学校内では「英語以外使用禁止」という建前はあるものの、やはり日本人同士だと日本語で話しちゃうんですね。
どこへ行っても日本人が多く、日本語が飛び交っている現実です。

積極的に、自分から意識して英語を使おうとしなければ、せっかく語学留学しても、英語はしゃべれないまま終わってしまいます。


  • どの国へ、どのくらいの期間、何のために(語学留学・インターンシップ等)行くかを絞る
  • 通いたい語学学校を、資料を見て選ぶ

学校入学の手続きや、ホームステイの手配、航空券の手配など、ややこしいことはすべて申し込んだ段階で代理店がやってくれます。
個人旅行に慣れていれば、自分で手配したほうが料金的には安く済みますが、初めてなら、代理店を通したほうが面倒がありません。

手に入る資料は多いほうが良いです。学校選びは、しっかり比較検討を。

iss国際交流センター
ニュジーランドへのワーホリ時は、ここでお世話になりました。以前はオセアニアメインでしたが、今では各国に対応しています。

留学生活
無料で一括資料請求できます。たくさんの学校情報が欲しいときなど、大変便利。

アイエス留学ネットワーク
オーストラリアへの留学・ワーキングホリデー情報専門。目的や各地域ごとに、詳しく調べられます。


  • HOME
  • 海外旅行雑感
  • 語学留学

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO