イングリッシュパーラー




オークランド空港

日本を出発し、オークランドの空港に着いてからは、空港までホストマザーに迎えに来てもらうことになってました。
右も左も分からない初めての土地で、緊張MAXです。

空港内のトイレに入ろうとしたところ・・・なぜか、ドアが開きません。

必死に開けようとしていたら。
「ここは個室で、中に人が入ってるんだ」と、通りすがりの男性が教えてくれました。

個室・・・?
入り口は、普通の女性用トイレの入り口のようで、とても個室には見えなかったのに。そういうトイレだったようです。

着いた早々、いきなり空港でそんな失敗をしでかしました。

その後も、到着時間が1時間も遅れたために、ホストマザーをなかなか見つけられなかったり。
期待に満ちていたはずのワーキングホリデーの滑り出しは、最悪でした(苦笑)。

初めての時は、ひどく未知の感じがしたオークランド空港。
1年間の滞在中、同じくワーホリで来た友人たちが帰国するたびに空港まで見送りに行ったので、すっかり空港にもなじんでしまいました。

私自身も、一度ニュージーランドから出国し、また2週間後に戻ったりして、大変お世話になったし。
オークランド空港内のマクドナルドは、何度立ち寄ったことか。

ニュージーランド出国時には、スーツケースがえらく重くなりまして。
空港内の荷物検査の時に、

“This is very heavy!”
「これ、とても重いんです」

と言ったら、

「金( gold )が入ってるの?」
と検査員にジョークを言われました。キウイは、ユーモアセンスたっぷり(笑)。

オークランドに限らず、空港は想い出深いです。
シンガポール、マレーシア、ハワイ、カナダ、中国、パキスタン・・・。空港なんて、ほんの少しの時間しかいないはずなのに、印象はとても鮮明に残っています。


  • HOME
  • ワーキングホリデー in NZ
  • オークランド空港

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO