イングリッシュパーラー



さようならの英語

「さようなら」という意味で、すぐ思いつく英語は Good-byeBye-bye。bye の最後の e は、あったりなかったり。
See you も、日常的によく使いますね。


スティーヴン・キング原作の『イット』という映画の中で、子供たちが別れ際こんな風に言います。

"See you later, alligator."

「またね、アリゲーター」


もちろん、アリゲーターに言ってるわけではなく、later と alligator で、韻を踏んだ言葉遊びです。
これに答えて、

"Afterwards, crocodile."

「あとでね、クロコダイル」


日本でもアメリカでも、こういう遊びの言い回し、子供たちは大好きですね。

『イット』は、ピエロと子供たちの交流を描いた心温まる感動ストーリー・・・ではなく、「決してひとりでは見ないでください」的なコワい話です。


ピエロの風体をした怪人「イット」と対立する少年が、

"I don't believe in you!"

「お前の存在なんか信じないぞ」


と果敢に言います。believe でなく、believe in

believe in は、「〜の存在を信じる、よいと信じる」の意味です。
もし、believe you なら、「あなた(の言う事)を信じる」。

この言葉の前に、「Santa Claus (サンタクロース)も Easter Bunny (イースターバニー)も妖精も信じてるけど」という台詞があるのが、なんとも子供らしくてかわいい。


It
 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO