イングリッシュパーラー



タンツイスター

英語の早口言葉は、tongue twisters です。
「舌がよじれる」とは、素敵なネーミング(笑)。

早口言葉は、人によって、言いやすいものと言いにくいものが違いますね。
日本語の早口言葉で、私がどうしても言えないのが、「東京特許許可局」と「青巻紙、赤巻紙、気巻紙」。「坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた」は、結構得意なんですが。

英語の tongue twisters も、いろいろあります。


Can you can a can as a canner can can a can?

「缶詰業者が缶を缶詰めできるように、缶を缶詰めできますか?」


can の音の連続です。舌がよじれず、言えましたか?
タンツイスターは、文の意味は重要でなく、口を動かす訓練です。




下は、英国の伝承童謡で、『Peter Piper』 というタンツイスター・ソング。



Peter Piper picked a peck of pickled peppers

「ピーター・パイパーがたくさんの塩(酢)漬けのコショウをつまんだ」


基本はこの文章の繰り返しながら、歌うのはかなり難しいですよ。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO