イングリッシュパーラー



巻き舌なアメリカ英語

「r」と「l」の発音は違うというけれど、どう違うかといえば・・・。

r は舌を丸めて口蓋に付けないようにして、「ウ」と発音する感じで。l は、舌を上の歯茎近くにくっ付けてから発音します。
l のほうが、日本語の「ラ行」に近い発音です。

  • A really red lorry (真っ赤なトラック)
  • A really red lolly (真っ赤なアメ)

この2つ、r と l の発音練習に最適です。
誰か他の人に、「どちらを言ったか当ててみて」とクイズしてみると面白いですよ。


r の巻き舌の発音がきれいにできると、すごく英語がうまく聞こえたりします。

でも、この発音。英語と米語でちょっと違ってきます。
英国式では、[r] の音は発音しません。[r] を発音するのはアメリカ式です。

たとえば、arm や church など。
イギリス英語では、[r] は発音しないので、「アーム」や「チャーチ」という伸ばす音で巻き舌にすると、アメリカ英語になります。

computer も「コンピューター」ではなく「コンピュータ」。
最後の長音符が省略されるのは、IT業界だけの特性じゃなかったようです(笑)。


巻き舌がうまくできなくても、「イギリス英語を話してるんだ」と自信を持ちましょう。

ただし、例外があって、母音の前に r がある時は [r] を発音します。umbrella を、「アンブレラ」のように。

her eggs のように2語になっている場合も、リエゾンする(音がつながって、1語に聞こえる)ので、her の “e” の後の [r] は発音することになります。

「ハー エッグ」じゃなく、「ハ レッグ」という感じです。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO