イングリッシュパーラー



ビリオネアとミリオネア

million は「100万」なので、ミリオネア( millionaire )は「百万長者」。
billion は「10億」で、ビリオネア( billionaire )なら「億万長者」。

「ビリオネア」より、「ミリオネア」の方が断然よく耳にします。
さすがに10億は、円だと市町村の予算以上なため、個人所有としては多過ぎるかと。

ところが、日本語では昔から、「百万長者」より「億万長者」という言葉の方が、なぜか多用されています。

billion は米では「10億」ですが、英では「1兆」とも言われていました。
今では英も、「10億」の意味が普通のようですが。

10億と1兆、位はまったく違うとはいえ、あまりに莫大すぎて感覚が追いつかない数字です。
正直、10億も1兆も、どちらも同じくらい大きくて差異が実感できません。


Money? They have millions!

「金? やつらは巨万の富を持っている」


『オデッサ・ファイル』という映画に、そんな台詞がありました。

millionaire も billionaire も「大富豪」。
両者とも、大金持ちという解釈しか、庶民にはできません(笑)。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO