イングリッシュパーラー



Guess whatとは

「何だと思う?」「分かる?」というニュアンスの口語表現、“Guess what?”。
「あのね」「ねえ、聞いて」と、相手の注意を促すときの呼びかけにも使われます。


"Guess what! Helen is pregnant!

「ねえ、聞いて。ヘレンは妊娠してるんだって」

こんな風に、Guess what 単独で用いたり、


"Guess what I'm doing now."

「私が今何をしているか当ててみて」

のように、what の後に文節を続けてもOKです。

guess (推測する)は、日常会話で使用頻度の高いの単語のひとつ。
他動詞として耳にすることが多いかもしれませんが、自動詞としても使います。

他動詞は、後ろに直に目的語が続くもの。自動詞は、目的語が必要でなかったり、目的語が「前置詞+名詞」の形で付くものです。


"I hate to just guess at it, but if you insist: ten feet long."

「当て推量は嫌だが、どうしてもと言うなら。長さ10フィート」

guess at は、何かを「見積もったり」、それが何であるか「意見を言う」ということ。

  • guess at the meaning (意味を推測しようとする)
  • guess the meaning (意味を推測して当てる)

at が付けば、guess は自動詞。目的語がそのまま来れば、guess は他動詞です。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO