イングリッシュパーラー



ヒアリングとリスニング

英語を「聞く」訓練は、ヒアリングでしょうか、リスニングでしょうか。
どちらを使うか、いつも迷いながら記事を書いています。

hear (聞く)と listen 「聴く」。
hear は“perceive with the ears” (耳で知覚する)、listen は “try to hear” (聞こうとする)。

アルクの「英辞郎 on the WEB」では、hearing は1542件、listening は499件ヒット。
圧倒的に、ヒアリングの方が多く使われています。


名詞としてはヒアリング優位ですが、少し視点を変えてみましょう。

hear を動詞として見ると、進行形の -ing は付けられません


"I'm listening to the music."

「私は音楽に聴き入っている」

これはOK。でも、“I'm hearing English.” はNG。

「状態を表す動詞は進行形にならない」という、文法的お約束です。
状態を表す動詞は他に、believe (信じる)、own (所有する)、like (好き) など。

-ing が付いても、動名詞であれば問題ありません。

hearing (ヒアリング)は特に、名詞で使われることが多いので、-ing を付けることに抵抗なくなってしまうかもしれません。

I'm loving you.

動名詞に慣れてしまうと、思わずこんな風に言ってしまう危険性もあり。
いくら現在進行中のラブラブカップルでも、love は進行形にできません(笑)。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO