イングリッシュパーラー



ミロとマイロ

「強い子のミロ」というキャッチフレーズが有名な、麦芽飲料「ミロ」。
お湯に溶かしてもいいですが、お湯で溶かした後牛乳を入れると、とってもおいしいのです。


ネスレ ミロ

ミロのスペルは Milo。ニュージーランドでは「マイロ」と呼ばれてました。
英語圏では、「マイロ」が一般的なようです。

Milo は、オークランド大学の給湯室に常備されていて、誰でも飲んでいいことになっていました。
海外で Milo があることにびっくりでしたが、もともと Milo はオーストラリアが発祥地とのこと。

日本で発売するにあたり、発音が馴染みやすいように読み方が「ミロ」に変えられたんだとか。


『SNOOPY』に、Milo という少年が出てきます。


ミロ

「ボク、ミロ、打球について助けてほしいの」


谷川俊太郎さんの訳では、少年の名前は「マイロ」ではなく「ミロ」。

実際、どういう読み方になるのか、外国人の名前の発音が調べられる『Pronounce Names』というサイトで確認してみました。以下で、音声が聞けます。

Milo -Pronounce Names

・・・やはり、「マイロ」ですね。

『Learn How To Pronounce Names Correctly』では、各国の発音が聞けるのですが、こちらだと、「ミロ」と発音する国もあることが分かります。

Search results for keyword: milo

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO