イングリッシュパーラー



トールフリーナンバー

電話をかけた側は通話料のかからない「フリーダイヤル」という言葉。
これは、和製英語というより、実際はNTTコミュニケーションズの商標です。

絆創膏を「バンドエイド」、ステイプラーを「ホッチキス」と呼ぶのと同じようなものですね。

通話料無料でかけられる電話番号は、英語では toll-free number です。

talk free のように間違って覚えやすいのですが、toll free。
toll は「通行料」や「電話料金」、あるいは「事故や災害などの犠牲者」という意味です。

toll-free number (通話料無料電話)の局番は、国によって若干違うものの、「800」「0800」「1-800」などが多いようです。海外に行く際には、覚えておきたい番号。

「0」と「8」が共通なのは、何か意味があるのでしょうか・・・。


日本で突出して有名なのは、なぜかフリーダイヤル「0120」。

といっても、NTTコミュニケーションズ以外の電話会社で、「0800」は toll-free number として使われています。

たとえば、NTT東西では、「フリーアクセス」とい名称で「0800」があります。

「0120」は知っていても、「0800」はあまり知られていないかもしれません。
「0800」から始まる番号も、発信者側は通話料がかからない「着信課金番号」です。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO