イングリッシュパーラー



確実性の度合い

確立を表す単語はいくつかありますが、確実性が高い順に挙げると、

1. certainly (確かに)
2. probably (多分、十中八九)
3. possibly , maybe , perhaps (ひょっとしたら)

probably が「十中八九」ということは、80%〜90%の確立。けっこう高いですね。
certainly は、それよりも高く、ほぼ100%でしょうか。

「多分」「おそらく」という訳を maybe や perhaps でもしますが、確実性はそんなに高くはありません。 possibly と同程度です。


『幸せのちから』という映画に、こんな台詞があります。

Probably means there's a good chance. Possibly means we might or we might not.

「probably は、可能性が高いこと。possibly は、そうなるかもしれないし、ならないかもしれないこと」


will と一緒に未来形で使われるときは、

Bob will probaly go to the park tomorrow.

「たぶん、ボブは明日公園に行くだろう」

ところが、否定文になると、

Bob probaly won't go to the park tomorrow.

「たぶん、ボブは明日公園に行かないだろう」

・・・と、probably が won't の前に来ます。

Bob will probaly not go to the park tomorrow.

上記は、フォーマルな言い方。
どちらにせよ、not は probably の後に来るほうが一般的です。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO