イングリッシュパーラー



時間の答え方

「今何時ですか?」と時間を聞かれた時の答え方として、学校では、

"It's eleven o'clock." (11時です)

のように o'clock を最後に付けて習います。
「何分」というのがなく、「何時」とぴったりの場合ですね。

o'clock は of the clock の短縮形 で、「時計では」という副詞。


「何時何分」と答えたい場合は、

"It's eleven ten." (11時10分です)


きちんとそう答えれば分かりやすいんですが、日本語と同じように、「11時の10分前」とか「11時を10分過ぎ」なんて言い方もあります。

むしろ、ネイティブに時間を聞くと、そう答えられるほうが多いんじゃないと。

"(It's) ten to eleven." (あと10分で11時です)


つまりは、「10時50分」のこと。

この言い方、ニュージーランドでよく聞きました。耳で聞くと、10時なのか11時なのかまったく分からなくなります。
しかも to が two に聞こえるので、さらにパニックに(苦笑)。

It's はたいてい省略されます。簡単に言えるので、慣れればよいのかも。


"(It's) ten past eleven." (11時10分過ぎです)


to の代わりに past を使えば、「11時10分」

ただ、これより、eleven ten と言えば2語で済むので、あえて past で表す必要はない気もします。
過ぎてしまった、ということを強調したい場合は、past があったほうがいいのかもしれません。

 


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO